ペルシア イラン パラダイス Persia, Iran, Paradise

iranpersia.exblog.jp

ペルシア(現在のイラン)から、旅に出たくなるような情報、アートやフォークロア、歴史、文化など、幅広くつづっていきたいと思います。(※日本語・英語) Copy right 2008
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

La Tour du Silence au Rey

e0137634_6292876.jpg


En vérité, au sein de la ville de Rey, la mère des villes du monde, furent enterrès les squelettes des Zoroastriens, après avoir été séparés de leur chair. Chez les Zoroastriens les quatre éléments de la nature, le vent, le feu, l’eau et la terre sont sacrés. Donc ils n’enterraient pas les morts dans la terre. Il était aussi illicite de mettre le cadaver dans l’eau ou le brûler dans le feu parce que selon le “Vandidad”, le liver sacré des Zoroastriens, le cadaver salit la naure une fois exposé aux quatre éléments. Donc ils mettaient le corps dans une tour du silence en lieu haut où les animaux chargognards en mangent la chair. Puis ils placaient les os dans une tombe de Pierre ou de boue, appellée “Ostodân” dans la langue Avesta ou “Astodân” dans la langue Pehlevi. Le mot se compose de deux partie, “Osto” ou “Asto” qui signifie l’os et “dan” qui est un suffixe significant le lieu.

e0137634_848437.jpg


Selon le sixième chapitre de Vandidad, il faut mettre le cadaver du mort en hauteur où des chiens charognards et des oiseaux nécrophages errent tout le temps. Pour préserver les os il faut les emmener dan des récipients speciaux, non êtant à la portée d’un chien, d’un renard et d’un loup. Ils ne doivent pas aussi exposés à la pluie. Mais aujourd’hui, ces rites Zoroastriens et le culte d’Ahourâmazdâ non sont plus observés.

La tour du silence de Rey est située au sud de la pente nord de la montagne de Rey, près du mont de Bibi Chahrbânou. Il date de l’époque Sassanide, mais elle peut même être plus ancienne. La tour est debout a une hauteur de 1,233 metres de la surface de la mer. Les deux entrées dans les côtés de sud et de l’ouest ont êtaient detrui gravement. Le diamèter de la tour mesure 20 mètre et la hauteur des murs est de six mètres. La nècropole Zoroastienne reposant sur la pente de la montagne de la ville de Rey êst comparable aux cimetières actuels d’aujourd’hui, mais nous sommes plus proches de nos défunts, car les cimetières sont près de nos habitations. Rey êtait un des premiers centres importants de Shi’a (l’Islam Iranien) situant sur la Route de la Soie.

+++++++

古都レイの「沈黙の塔」

シルクロードの中継地点として非常に古い歴史を持ち、世界の町々の母と呼ばれてきたレイ(現在はテヘランの一部)の内奥では、「沈黙の塔」という場所にゾロアスター教徒らの遺骨が葬られていた。

ゾロアスター教徒にとっては、風、火、水、大地という自然の4つの要素が神聖なものとされているため、遺体は地中に埋葬されない。ゾロアスター教の聖典の1つ「ヴァンディアド」の規定によると、遺体が風、火、水、土という4元素にさらされると自然を汚すので、遺体を水にさらしたり火で焼いたりするのも禁じられている。そこで彼らは遺体を高い場所にある「沈黙の塔」の中に安置して、ハゲワシなどの動物がついばむようにした後、アヴェスタ語で「オストダーン」、パフラヴィー語で「アストダーン」と呼ばれる、石や泥でできた墓の中に遺骨を保管した。この単語は、フランス語のオス(骨)にあたる「オスト」または「アスト」と、場所を示す接尾辞「ダーン」から成っている。

「ヴァンディアド」の第16章によれば、遺体は死肉を食べる犬や鳥が常に放浪している高い場所に置かなければならず、遺骨を保管するためには、犬やキツネや狼に持っていかれたり、雨にさらされたりしないように、特別な容器にいれなければならない。だが、今日ではこのゾロアスター教徒と[彼らの最高神]アフラマズダの風習はもはや行われていない。

レイの「沈黙の塔」は、レイの北にある山の南側の山腹、ビービー・シャフルバーヌー山に向かう途中にある。この塔の歴史は少なくともササン朝時代にさかのぼり、より古い可能性もある。この塔は海抜1233メートルの高所にある。南側と西側の入り口は非常に荒廃している。塔の直径は20メートルで、壁の高さは6メートルある。レイの山腹にあるゾロアスター教徒の遺体安置所は今日の意味での墓地にあたるが、今では墓地のほうが居住地の近くにあるため、我々はもはや遠くまで墓参りに出かけることはない。さてちなみに、レイはイランのイスラームであるシーア派の重要な都市のひとつでもあった。

(フランス語”La Tour du Silence au Rey” からの翻訳)
[PR]
# by persia_paradise | 2008-02-27 06:33

ペルシアとペルシア人について――ParadiseとPardis――

e0137634_6321186.jpg


ペルシア語はインド・ヨーロッパ語に属する言葉で、英語やフランス語やドイツ語etc…にはペルシア語から多くの単語が入っている。たとえば、”Pardis” は ”Paradise” を意味するペルシア語の単語だ。イランの人々にとってパラダイスとは、彼らが造り上げてそこに住んできた「ペルシアの庭園」のイメージで想像されていて、ミニアチュールなどのペルシアの絵画や絨毯の図柄などにも描かれている。乾燥した風土で入念に造り上げられた砂漠のオアシス、花や果樹で彩られた美しい「ペルシアの庭園」はイランの文化にとって特別な意味を持っている。

「天国と地獄」という概念は、ゾロアスターの時代(前2 千年紀中ごろから前 7 ~前 6 世紀にわたる諸説あり)に初めて登場したもの。アヴェスタという聖典によって一神教の信仰を説いたゾロアスター教は世界史の中で最初の体系だった宗教であり、その後にユダヤ教やキリスト教やイスラームといった一神教が登場したのだとされている。興味深いことにこれらの3大宗教はいずれも中東で誕生しており、どれも少なからずゾロアスター教の影響を受けている。中東において一神教の誕生は、人々にとって部族間の戦いをやめさせ、文明的な生活をもたらしたという意味で、文明の転換点とみなされる。

かつては、モヘンジョ・ダロなどのインダス川流域でおよそ4000年ほど前に世界最古のインダス文明が興ったとされており、その後は現在のイラン(スーサ)とイラクにあるチグリスユーフラテス川流域で興ったメソポタミア文明が世界最古のものと推定されていた。だが近年、イラン南東部ケルマーン州のジーロフトで新たにアラッタ文明の遺跡が次々と発掘されていて、諸説があるものの、一説では1万年前までもさかのぼる発掘物もあるとされ、世界最古の文字も見つかって現在解読中という。この説が正しいとすれば、これは人類が洞窟での生活や狩猟をやめて文明を興し、都市を建設したり農耕機具を作りはじめ、まさに文明と文化の誕生した最初の瞬間だったのかもしれない。

e0137634_6333035.jpg


アケメネス朝ペルシアより前に栄えた、イラン北西のエクバタナ(現在のハマダン)を首都とするメディア王国は世界史における最初期の国家のひとつだ。また最初の人権憲章は、およそ2500年前、アケメネス朝ペルシアを創始したキュロス大王(c. 585-529 B.C.)によって発布され、ユダヤ人やバビロンの捕集を解放したことで知られている。またサファヴィー朝時代にはイラン人の王達は、オスマン帝国の圧制から東方キリスト教のアルメニア教徒を解放して、イスファハーンに建設したアルメニア人地区に保護した。このようにイラン人は人類の歴史や文化・文明においてヒューマニズムの精神に基づいた数々の役割を果たしてきた。ペルシアはよくアラブと混同され、中東一帯は全てアラブの地域だと誤解されがちですが、ペルシアは言葉も人々もアラブとは全く異なっており、独自の長い文化を持っている。

アケメネス朝ペルシアに続くササン朝ペルシアは、チグリス川流域に新たな首都バグダード(古いペルシア語で「神から与えられた」という意味)を建設したといわれていて、この都市には7層からなる巨大な「ペルシアの庭園」があり、そこには非常に優れた水利施設が備わっていたという。「ペルシアの庭園」はペルシアの生活にとって常に特別な役割を果たしてきて、美しい絵画や絨毯や建築においてもその影響は顕著に表れている。天国の意味を併せ持ったその美しい楽園は、地上で現実に見ることのできるものではなく、数知れない無名の芸術家の想像力の中だけに存在してきたものだ。また多岐にわたるペルシア文学やペルシア詩は量と質の両方で世界中の文学に及ぶほどだといわれている。ヨーロッパの詩人達もこぞって賞賛したオマル・ハイヤームやハーフェズetc… イラン人は詩人としても有名で、また、もてなし好きや寛容さや平和を愛する精神でもよく知られてきた。

(英語の"Persia and Persians からの翻訳。年代はおおよそのもの )
[PR]
# by persia_paradise | 2008-02-21 06:38

Persian Carpet


e0137634_646596.jpg


When man's life style changed from hunting to agriculture in the Middle East, specially Persia, and civilization as well as culture were developed for the first time in the world, man left caves to build cities and live in them. Thus the most ancient cities were constructed. Then the need to cover the floor was felt and the idea of carpet-weaving occured to man's mind. Pazyryk carpet, dating back to 2,500 years ago, is the most ancient world carpet and its motifs remind one of Persepolis in Persia.

e0137634_6491399.jpg


The motifs of Persian carpet reflect the beliefs, faiths, philosophy, history, culture, art, mysticism, humanism, mythology, love for life and happiness as well as ideology of the Persian people. Paradise has been derived from the Persian word `Pardis' meaning heaven, as Persian is one of the Indo-European languages. In fact, Persia is the origin of the belief in paradise, thus the image of paradise is evident in Persian carpets. This is why these carpets reflect pure beauty and look celestial. Every carpet is designed and woven by an individual and is not mass produced, therefore considered as a unique artwork.

I found the following material in Wikipedia and attached it to my own article. I would like to introduce a site: http://carpetmuseum.ir/

The Persian rug is an essential part of Persian art and culture. Carpet-weaving is undoubtedly one of the most distinguished manifestations of Persian culture and art, and dates back to the Bronze Age (c.3500-2000 BC).

e0137634_6505859.jpg


The earliest surviving corpus of Persian carpets come from the Safavid dynasty (1501-1736) in the 16th century. However, painted depictions prove a longer history of production. There is much variety among classical Persian carpets of the 16th and 17th century. Common motifs include scrolling vine networks, arabesques, palmettes, cloud bands, medallions, and overlapping geometric compartments rather than animals and humans. Persian Art being based in Shia Islam does not take the hard line against human representation that we see in Sunni influenced Turkish rug weaving. Figural designs are particularly popular in the Iranian market and are not nearly as common in rugs exported to the west.
[PR]
# by persia_paradise | 2008-02-21 06:22

About Persia and Persians ---- Paradise-Pardis----


As you know Persian is one of the Indo-European languages. It is clear that many words have entered from Persian into English, French, Deutsch, etc. Pardis is a Persian word meaning Paradise. In Iranian culture and wisdom "Persian Gardens" are very significant and have a particular stance. The imagination of Iranians about Paradise is the same as the Persian Gardens created where they lived, which were also illustrated in their Persian paintings, carpets... The concept of "Paradise and Hell" first appeared among the Persians about 4,000-5,000 years ago in the era of Zoroaster. The Zoroastrian belief was the first religion in the history of mankind in the world having a sacred book called Avesta inviting man to monotheism, after which Judaism, Christianity and Islam were introduced to call people towards monotheism. It is interesting to note that all these phenomena were born in the Middle East and could hardly be unaffected by Zoroastrianism. Here in the Middle East, we consider religion as a turning point in civilization, as man learned to live a civilized life and stopped tribal fights.

e0137634_8145481.jpg


It was earlier believed that the civilization started with Mohenjodaro in today's India and Pakistan about 5,000 years ago. Then it was said that the starting point of civilization was at Mesopotamia in the present Iran (Susa) and Iraq 7,000 years ago. But recently signs of the civilization of Areta was unearthed in Iran's central Jiroft area, which is much older, nearly dating back to 10,000 years ago. This was the first time man left caves, stopped hunting, begun cultivation and building cities and agricultural tools, ... which mark the beginning of man's culture and civilization.

The first government in the course of man's history was formed during the rule of Medes prior to the Achaemenian dynasty in northwestern Iran, whose capital city was Ecbatana, the present Hamedan. The first Human Rights Charter was written by Cyrus the Great (one of the Iranian Achaemenid kings), which released the Jews and all captives in Babylonia about 3,000 years ago. In the Safavid period, the Iranian kings saved Christians from Ottomans and they took refuge in the city of Isfahan. Safavid established the first official post-Islamic Shia government. The Iranians have played a decisive role in the history, culture and civilization of mankind. Middle East is wrongly known as an Arabic region, and the Persians are incorrectly recognized as Arabs. We are Persian, not Arab. We are actually quite different from them.

Achaemenids were followed by the Sassanian dynasty, which built Baghdad, the new capital city. Baghdad is an old Persian word meaning 'given by God'. The city is featured by a seven-floor Persian Garden with a highly advanced irrigation system. The Iranian gardens have always had a special role in the Persian life, which is also evident in their beautiful paintings, carpets, architecture... the wonderful beauties not seen in the real world and only existing in the minds of unknown Iranian artists. The volume of Persian literature and poetry is equivalent to that of the entire world both in quantity and quality. The Iranians are famous as poets and are known for their hospitality, gallantry, generosity and peacefulness.
[PR]
# by persia_paradise | 2008-02-19 09:03

はじめまして/イスファハン旅日記①

ペルシア、現在のイランから、旅に出たくなるような情報をつづっていきたいと思います。
近日中に色々と更新予定ですので、もうしばらくお待ち下さいね。

ご質問、ご感想なども気軽にお寄せください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ひとまず今日は、古都イスファハーンの旅日記からです。


e0137634_692876.jpg


 イスファハーンのジョルファ地区のアルメニア教会内部の装飾


 イランの宗教はシーア派ムスリム一色だと思われがちだが、多数派のシーア派以外にも様々な宗教の人々が住んでいて、各自の信仰や共同体をしっかりと保っている。有名なところでは、ヤズドのゾロアスター教徒がすぐに思い浮かぶかもしれないが、東方正教会系のキリスト教徒もかなりいて、たとえばテヘランでも街中でよくアルメニア正教やオーソドックスの教会をよく見かけるし、アルメニア教徒のほかにも、アッシリアンと呼ばれるアラム語系の言葉を話すネストリウス派のキリスト教徒の人たちもわりと見かける。

 アルメニア教徒はクルドやアゼルバイジャン人のようにイランの最も古い諸民族のひとつで、AD301年、ローマのキリスト教国教化に先立って民族として最初にキリスト教に改宗したといわれている。伝えられているところでは、アシュカーニー朝下のアルメニア地方の支配者の改宗をきっかけに、同地方のアルメニア人がミトラ教などの古来の諸宗教からキリスト教に集団改宗したということになっている。

 イスファハーンはサファヴィー朝時代(1501-1736)にアゼルバイジャン地方からアルメニア教徒の移住が推進され、アルメニア教徒の居住地区が定められたことでも有名である。当時、アルメニア教徒はイランと戦っていたオスマン朝下で圧迫を受け、避難場所としてイラン各地に移住した者も多く、サファヴィー朝下ではイラン人と認識されていたアルメニア教徒への保護政策として移住政策を推進したという。現在、博物館になっているKelisaye Vank には、こうした歴史を示す史料としてShah Safiや Shah Abbasなどのサファヴィー朝各支配者のアルメニア教徒に対する保護政策の勅令の写本が展示されている。


e0137634_3474793.jpg


 ユネスコの世界遺産にもなっている、王の広場から


 イスファハーンで泊めてくれた友達の家はちょうどこのアルメニア地区の近くにあり、古い小路や水路のある静かな一角を通ってアルメニア地区に入って行くと、あちこちに教会や修道院があって、通りでおしゃべりに興じている人たちも町並みも、ギリシアやシチリアを思わせるような独特な雰囲気があった。

 アルメニア教会の建築を見ていると、ドーム型の丸屋根やタイル細工、建物内部の装飾、庭の様式など、イランの伝統的な建築と似ているなぁと思う部分も多い。外から一見するとモスクのようにも見え、中に入ると教会だとわかるというのがこれらの教会建築の特徴で、また内部にも、サファヴィー朝時代のモスクなどで目にするタイル細工が全く同じ様式で多用されている。


e0137634_3482822.jpg


  スィーオセポル(三十三橋)


 なかでも印象に残ったのは、糸杉を描いたタイル細工や、糸杉となつめやしの木を並べたモチーフが祭壇などの装飾に使われていることで、糸杉はゾロアスター教にとって聖なる木とされていて、ミニアチュールをはじめ、イランの伝統美術において非常によく使われるモチーフである。また糸杉と並んでなつめやしも古来大事にされてきた木で、ペルセポリスなどの装飾で糸杉となつめやしを並べたモチーフもよく目にする。そのほか、タイルなどでペイズリー模様も多く見かけられたが、これも糸杉をかたどった伝統的なモチーフである。… という風に、イラン・イスラームの文化もあちこちで顔をのぞかせ、東方教会特有の油絵の壁画美術などと融合して独特なアルメニア美術の様式をつくっている点が魅力的だった。

 またもうひとつ面白かったのが、Kelisaye Vankで展示されていたアルメニア教徒の墓碑のデザインだった。仕立て屋や肉屋、金細工職人、音楽家、詩人 etc…. 生前に従事した職業がイラスト入りで描かれていて、なんとも楽しげな墓碑なのだ。だが、博物館の人と話していると、こうした墓碑はアルメニア教徒特有のものではなく、アゼルバイジャンやカフカース地方から来た様式で、イランの各地で見られるという。またJavan mard といわれる英雄の墓には石でかたどったライオン(Shire Sangi)が置かれていて、これも同地域からの伝統だという。イスファハーンのアルメニア教徒はこれらの地域から移住したので、たしかに共通の文化があるというのもうなずける。死者を葬るときは、きちんと働いて楽しく一生を全うした人々に対して、称賛と記念の意味をこめて楽しく送り出すということらしい。いつかアゼルバイジャンでもこういった墓碑を見てみたいものだ。現在、イランの普通の墓碑にはこうしたイラストの代わりに故人に関連する詩が書かれているが、楽しげな雰囲気は同じかもしれない。


e0137634_349667.jpg


  王の広場の一角にあるアリー・カープー宮殿
[PR]
# by persia_paradise | 2008-02-18 03:55